ノートパソコンとデスクトップの比率はどのくらい?

今やノートパソコンはデスクトップパソコンを上回っています。2013年では、ノートパソコンは65万台、デスクトップパソコンは25万台の売り上げがあるというデータがあります。

ではなぜ爆発的にノートパソコンが売れ始めたのでしょうか。

その理由の大半は持ち運びができると言うことでしょう。

この特徴を活用すれば、電車の通勤中もカフェでの休憩中も、その他どこでもいつでもパソコンを開いて作業ができると言うことです。

作業ができれば、仕事もはかどります。

時間を無駄にすることができない現代人にとっては最高の機器といえるでしょう。また、仕事するためだけではなく、家庭でも需要があります。

家で料理を作るときにレシピを検索したり、料理の材料をインターネットで買ったり、分からないことがあったらその場で検索して解決することができるからです。

このようにノートパソコンには、持ち運びのメリットがあるからこそデスクトップパソコンの売り上げを上回ったと言えるでしょう。